スマート照明スイッチ

既存スイッチの置換だけで構築できる非接触式スマート照明スイッチ


    コロナ禍において、不特定多数が接触する照明スイッチは大きなリスクとなります。
    既存壁スイッチを交換するだけで置換できる感染防止に効果的な非接触スイッチをご紹介いたします。

    壁スイッチは片切のため、電子部を必要とする非接触スイッチを設けるのは、通常は困難であり、これまでは不可能でした。
    当社は、独自技術でこれを解決しました。
    既存の壁スイッチをそのまま交換するだけで、感染予防にもなる非接触スイッチに置換え可能です。配電路工事にかかる経費は、ほとんどありません。
    また、電源確保できたことにより、多様なIoTデバイスを複合させた製品化も可能になります。

    非接触スイッチに関する特徴や追加可能な機能をご説明します。

    ここがポイントです
    壁の「片切りスイッチ」が、そのまま交換するだけで、マイコンが機能するIoTスイッチに変わります。



    ●主な特徴
  • スイッチに触ることなく操作可能な、非接触式スイッチです。
  • 既存の壁スイッチを交換するだけで置換え可能(大規模な工事不要。ただし交換作業には電気工事士資格が必要です。)
  • 打刻装置など多様なIoTデバイスと複合可能
  • お手持ちのスマートフォン、タブレット、パソコンなどで遠隔から操作が可能
  • 会議室の連結使用や個別使用向けに、スイッチ間の連携や分離が自由自在にできます。工場などで別の建屋もグループ化して一括操作可能。
  • エネルギーマネジメントに貢献(アプリで条件を設定することにより、直下のパソコンがアイドル状態である箇所の照明から自動消灯し、直下のパソコンのCPU稼働率の高い照明から自動復帰します。)

  •   特徴 従来の
    「方切りスイッチ」
    スマート照明スイッチ 利点
    1 非接触 スイッチに触れて操作 スイッチに触れない(非接触スイッチ。センサーで作動) 接触感染防止
    2 オン・オフ操作 壁スイッチのみで操作 1) 壁スイッチ(非接触スイッチ)での操作
    2) PCやスマホアプリで操作
    複数名での操作も可能
    1) 必要な場合は壁スイッチで、マニュアルでも強制点灯/消灯可
    2) アプリを介しての遠隔操作も可能
    グルーピング変更 不可(照明をスイッチで1つ1つ操作) 随時、連携と解除が可能 会場レイアウトに応じてフレキシブルにグループ化して一括操作可能
    3 エネルギーマネージメント 人間が意図的に心がけて消灯制御(リアルタイムで数値確認しづらい) アプリに目標を設定して、自動制御 (直下PCのCPU稼働率の情報をもとに必要性を判断し、オン・オフ自動制御) 目標値を定めて省エネ対策
    電力コスト削減
    4 複合拡張性 不可(スイッチのみ) 多様なIoTデバイスと複合可能 出退勤管理デバイスや、非常誘導灯などとの複合拡張化可能


    ●現在ある他社製IoTスイッチとの比較
      特徴 他社のIoTスイッチ 本スマート照明スイッチ
    1 非接触  ×  ◎
    2 オンオフ操作  ○  ◎
    グルーピング変更  △  ◎
    3 エネルギーマネジメント  ×  ◎
    4 複合拡張性  ×  ◎

    ●自動オンオフ








    ●グループ化




    ●効果的な導入(設置)場所
  • 既存のオフィスビル
  •   既存の壁スイッチを簡単に交換するだけで導入可能という利便性を活かします。
  • 複数建屋のある工場
  •   特定小電力無線通信により、ある程度離れていても操作可能という特性を活かします。

    ●次回展示会出展予定
    〈みらい市2020〉
    会期:12月18日、19日
    場所:東京ビッグサイト 青海A・Bホール

    上記、みらい市に出展予定です。
    よろしければ、是非ご来場ください。お知らせいただければ、ご案内状をお送りいたします。


    実証試験目的でのご購入希望も承っております。

 

スイッチ外観と操作アプリ画面

    スイッチ
  • 強制的にオンオフしたい時に使います。
  • センサーで反応します。
  • スイッチに触らず操作できます。
    (試作品のため、外観は変更予定です)

    アプリ
    アプリでできること
  • 各照明の状態把握(点灯状態か消灯状態か)
  • 各スイッチの連携設定と解除
  • 目標点灯数の設定
  • 目標点灯数からの逸脱量確認
  • 遠隔操作

  • アプリ画面

    (試作品のため、変更の可能性があります)

* Any use of the images and the data appear at this web site needs proper admission from relevant copyright holders.

Top